戦の海賊(センノカ)公式サイト>図鑑一覧>悠久の《服従者》 [暴走]メトセラ

「これより我が《服従》は、君に捧げる……」

ヴァンプ族の一人で、ホーンテッドアイランズの責任者。憎しみを笑顔と喜びに変えたいという願いを持っている。
普段は穏やかな性格だが、ある出来事をきっかけに、我を忘れてしまう。

+1に必要な秘伝書
拳闘兵の秘伝書★5 × 70
赤属性の秘伝書★5 × 70
赤竜の秘伝書★1 × 15
海竜の秘伝書★1 × 3
+2に必要な秘伝書
拳闘兵の秘伝書★5 × 80
赤属性の秘伝書★5 × 80
赤竜の秘伝書★1 × 20
海竜の秘伝書★1 × 5
超覚醒に必要な秘伝書
拳闘兵の秘伝書★5 × 99
赤属性の秘伝書★5 × 99
赤竜の秘伝書★1 × 30
海竜の秘伝書★1 × 7
翠竜の秘伝書★1 × 5
★6悠久の《服従者》 [暴走]メトセラ
拳闘兵 +1 +2 超覚醒
クラスワンダー
MAXライフ7672
MAX攻撃力45534
MAX砲撃技術なし
MAX装填技術なし
MAXライフ8439
MAX攻撃力47810
MAX砲撃技術なし
MAX装填技術なし
MAXライフ9206
MAX攻撃力50087
MAX砲撃技術なし
MAX装填技術なし
MAXライフ10740
MAX攻撃力54640
MAX砲撃技術なし
MAX装填技術なし
スキル始祖の暴走
発動待機時間:5秒(リチャージ時間:20秒)

20秒間、自身は時間経過によるスキルチャージを行えない代わりに、以下の効果を得る(いずれも解除不可)

【付与効果】
攻撃力、攻撃速度が300%アップ
移動速度が3000%アップ
自身に対する減少効果を無効化
特技「破滅の紅爪」発動時、敵海賊に「現在HPの約0.001%を攻撃力に乗じたダメージ」を追加で与えるようになる

特技破滅の紅爪

自身の攻撃射程、攻撃範囲が40%アップ
通常攻撃時、50%の確率で「破滅の紅爪」が発動し、周囲の敵対象を3回攻撃する
(1.5倍ダメージ/1回あたり10%の割合ダメージと30000の固定ダメージ追加/ダメージバリア破壊/ひるみ/対象が飛行兵なら飛行禁止状態付与)
ダメージ1回につき敵対象に「被ダメージ10%増加」を付与(減少効果耐性の影響を受けない)
この被ダメージ増加は5秒間付与されなければ解除され、解除されない限りは蓄積し続ける
発動と同時に自身に10%の割合ダメージを与えて自身のスキルチャージ時間を1秒短縮し、3秒間、自身の回避率が100%アップ(解除不可)

特技滾る血流
習得Lv30

【スタックタイプ/最大:50】
戦闘開始から5秒後より、毎秒、自身に10000の固定ダメージを与え、自身のスタック値を+1
自身は戦闘中、スタック値×60%の攻撃力、攻撃速度蓄積上昇状態となる
(最大3000%/上昇効果解除無効)

戦闘中、自身が受けたダメージに比例し、自身の攻撃力が蓄積上昇する
(最大1400%アップ/他の攻撃力上昇効果と重複可能/「[暴走]メトセラ(拳闘兵)」自身の能力によるダメージでも発動する)

特技復讐の帳
「覚醒」習得Lv80

戦闘開始時と20秒毎に、自身に「復讐の帳」を付与

【「復讐の帳」効果】
自身の最大HPの50%を上回るダメージを受けたとき、そのダメージを無効化
この効果は30回発動すると解除される

真技開放特技レイジングエース
子分枠10以上で取得

自身のスキルチャージ速度が100%アップ、攻撃力強化上限が500%アップ
戦闘開始時、自身のスタック値を+5
特技「破滅の紅爪」の発動率が100%になる

超覚醒特技止まぬ狂想
「超覚醒」

【条件:赤属性の船で出撃】
自身の攻撃力、攻撃速度が200%アップ
自身に対するひるみ、よろけ、吹き飛ばしを無効化
自身の残りHPが50%を下回った時、自身に12秒間の無敵状態を付与
(解除不可/この効果は発動から20秒間は再発動しない)

拳闘兵+1

戦闘中、特大の対人特攻効果が付与され、戦闘開始から一定時間、海賊からの攻撃に対し、防御力が小アップする。基礎ステータスも上昇する

拳闘兵+2

戦闘中、極大の対人特攻効果が付与され、戦闘開始から一定時間、海賊からの攻撃に対し、防御力が大アップする。基礎ステータスも上昇する

バリエーション

▲ページトップへ

図鑑トップへ戻る

TOPページへ

  • LINEで送る

戦の海賊(センノカイゾク)| アイコン

タイトル
:戦の海賊(センノカイゾク)| センノカ
配信時期
:配信中
ジャンル
:海洋冒険バトル
価格
:無料 ※アイテム課金あり
対象OS
:iOS(iOS9以降 / iPhone6S、iPad Air2、iPod Touch第7世代以降推奨)
:AndroidOS4.1以降RAM2GB以上推奨
※対応環境を満たしていない端末では正しく動作しなくなる可能性がございます。
  • appバッジ
  • googleバッジ