「誰が《噛ませ兎》ですの!?」

兎の獣人。自分中心に物事を考える節があり、負けず嫌いで意地悪好きという傍迷惑なトラブルメーカー。
多少卑怯な手を使ってでも勝負事に勝とうと画策するも、空回りしたり詰めが甘かったり自分で自分の罠に嵌ったりというのが日常茶飯事。
そのため、付いた仇名は「噛ませ兎」

+1に必要な秘伝書
銃兵の秘伝書★5 × 20
銃兵の秘伝書★4 × 50
緑属性の秘伝書★5 × 20
緑属性の秘伝書★4 × 50
緑竜の秘伝書★1 × 5
+2に必要な秘伝書
銃兵の秘伝書★5 × 30
銃兵の秘伝書★4 × 70
緑属性の秘伝書★5 × 30
緑属性の秘伝書★4 × 70
緑竜の秘伝書★1 × 10
超覚醒に必要な秘伝書
銃兵の秘伝書★5 × 50
銃兵の秘伝書★4 × 99
緑属性の秘伝書★5 × 50
緑属性の秘伝書★4 × 99
緑竜の秘伝書★1 × 15
海竜の秘伝書★1 × 3
★5噛ませウサギ エレノア
銃兵 +1 +2 超覚醒
MAXライフ14840
MAX攻撃力12946
MAX砲撃技術なし
MAX装填技術なし
MAXライフ17066
MAX攻撃力13593
MAX砲撃技術なし
MAX装填技術なし
MAXライフ19292
MAX攻撃力14241
MAX砲撃技術なし
MAX装填技術なし
MAXライフ23745
MAX攻撃力15535
MAX砲撃技術なし
MAX装填技術なし
スキルラビットバースト
発動待機時間:5秒(リチャージ時間:10秒)

自身から最も遠い敵海賊に10倍ダメージを与える(吹き飛ばし/上昇効果解除)
このスキルの攻撃が終了後、自身のスタックをリセットする
同時に自身のスキルチャージ速度が25%ダウン(永続効果/重複可能/減少効果解除無効)
【追加効果/条件:自身のHPが50%以下】
15秒間、自身の防御力が80%アップ
10回にかけて、毎秒自身のHPを10%割合回復

特技ボルトチャージ

【スタックタイプ:最大100】
自身のHPが100%以上のとき、スキルチャージ速度が90%ダウン
スタック値+1につき攻撃力が15%アップ
(最大1500%/他の攻撃力上昇効果と重複)
このスタックは上昇効果解除の影響を受けない
毎秒自身のスタック値+1
自身のスタックが100に達すると強制的にリセットが発動し、自身が15秒間の「スタック不可」「麻痺」「防御力1000%ダウン」に陥る(解除不可/短縮不可)
【追加効果/スタック条件】
10以上:自身の被ダメージ80%カット、回復効果が95%ダウン
30以上:自身の攻撃速度70%ダウン、毎秒6%の割合ダメージを受ける(ダメージバリア無効/HPが100%以上なら15%の割合ダメージに変化)

特技ビルドスタート【アクセルF】
習得Lv30

2秒ごとに自身の攻撃速度が3%アップ(永続効果/重複可能/上昇効果解除無効/上昇効果減少無効)

特技おこですわ!
「覚醒」習得Lv60

通常攻撃時、50%の確率で2発の貫通弾を放つ
(攻撃速度70%ダウン/攻撃力70%ダウン/麻痺付与)
このとき、自身の残りHPが少ないほど威力が上昇する追加ダメージを与える
(失っているHPの約0.002%を攻撃力に乗じた追加ダメージ)

真技開放特技気分屋兎の言うとおり
子分枠10以上で取得

自身のクリティカル率が50%アップ
自身に対するよろけ、吹き飛ばしを無効化
味方海賊のHPが25%アップ
自身の特技「おこですわ!」が80%の確率で発動するようになる
自身のスタックが80以上かつHPが50%未満のとき、スキル「ラビットバースト」によって付与されたスキルチャージ速度ダウンの効果を全て解除する

超覚醒特技特技チェンジ【激おこですわ!!】
「超覚醒」

【条件:緑属性の船で出撃】
自身のHPが200%アップ
自身の特技「おこですわ!」に条件に応じて以下の効果を追加する
【追加効果①/自身のHPが50%以上】
発動時に自身のスタックを+1
【追加効果②/自身のHPが50%未満】
発動時に自身に攻撃を3回防ぐバリアを付与し、10秒間のステルス付与

銃兵+1

通常攻撃の射程範囲が特大アップし、海賊を優先的に攻撃する。基礎ステータスも上昇する

銃兵+2

通常攻撃の射程範囲が極大アップし、海賊を優先的に攻撃する。基礎ステータスも上昇する

バリエーション 拳闘兵 魔法兵

▲ページトップへ

図鑑トップへ戻る

TOPページへ

  • LINEで送る

戦の海賊(センノカイゾク)| アイコン

タイトル
:戦の海賊(センノカイゾク)| センノカ
配信時期
:配信中
ジャンル
:海洋冒険バトル
価格
:無料 ※アイテム課金あり
対象OS
:iOS(iOS9以降 / iPhone5S以降推奨)
:AndroidOS4.1以降RAM1GB以上推奨
※対応環境を満たしていない端末では正しく動作しなくなる可能性がございます。
  • appバッジ
  • googleバッジ